シャトルのおすすめ中古車情報!安い狙い目とお得な買い時を教えます

シャトルのおすすめ中古車情報!

 

レジャーを最大限に味わうため、フィットシャトルから進化を遂げたホンダのステーションワゴン・シャトル

 

ここでは、シャトルをより割安に購入するため、中古車の狙い目ポイントを紹介。

 

また、前モデルとなるフィットシャトルについてもあわせて紹介していきますので、皆さんがシャトル/フィットシャトルの中古車を選ぶ時の参考にどうぞ。

 

お得なシャトルの中古車をかんたんに探す方法
ガリバーのクルマコネクトなら、チャットで希望する車種や条件、予算などを伝えれば、 ぴったりの中古車を無料で探してくれます。

電話不要で対応はすべてチャット上で出来るので、スキマ時間に対応、手が空いた時に確認すればOKです。

※チャットのやり取り例
ガリバーのチャット例

また、本当に程度の良いお買い得なシャトルの中古車は、非公開車両として中古車販売店に並ぶ前に売れてしまいます。

そう言った市場に出回る前の非公開車両も優先的に紹介してくれるので、よりお得なシャトルの中古車を提案してくれるでしょう。

もちろんシャトル以外の「安くて似ている車を探して」と言ったリクエストも可能です。中古車探しで気になる事は、チャットで相談してみるといいでしょうね。

>>ガリバーのクルマコネクトで中古車を探してもらう

 

 

 

 

これが狙い目!お得で格安なシャトル中古車の選び方

 

シャトルの中古車は新車と違い、1台ずつ状態が違うため、価格も1台ずつ違います。

 

良質な中古車は高額に、それなりな中古車は低額……が当たり前かと言えば、例外はたくさんあります。

 

高くて質の悪い中古車は勘弁ですが、反対に、安い割には質がいい=割安なシャトルの中古車を購入出来たら嬉しいですよね。

 

そこで、ここではそんな割安なシャトルの中古車を見つける「狙い目」を紹介していきます。

 

 

シャトルの中古車が最も割安で買えるボディカラーはこちら!

 

シャトル中古車のお得なボディカラーはこちら

 

【中古車シャトルを割安で購入できるボディカラー】
1位 プレミアムクリスタルレッド・メタリック (オプション料金:54,000円)
2位 ミッドナイトブルービーム・パール
タイ プレミアムベルベットパープル・パール (オプション料金:どちらも32,400円)

 

シャトルの中古車相場はそのボディカラーによって大きく変わり、人気カラーのプラチナホワイト・パール&クリスタルブラック・パールと、それ以外のカラーでは、シャトルの査定相場に10万~15万円以上も差がつきます。

 

現行型シャトルには7色のボディカラーが設定されていますが、ホワイトパールとブラックパールを除く5カラーは10万~15万円以上も割安に購入できることになります。

 

その中で、初期費用が高くなって残価率が下がるオプションカラーほど、割安に購入できるのです。

 

とことんまでお得感を突き詰めたい方や、これらのボディカラーの大好きなユーザーにとっては、狙い目となるのです。

 

 

シャトルの寿命は23万キロ以上!過走行のシャトル中古車を格安で購入しよう

 

シャトルに限らず、中古車を探す時に誰もが気にする走行距離ですが、10万キロを超えた「過走行車」はみんな敬遠するため、販売店も大幅に値下げしてくれます。

 

しかし、いくら割安でも、すぐ壊れてしまっては銭失い……という意見が聞かれますが、本当にすぐ壊れてしまうのでしょうか。

 

そう思って中古車市場を調査、業者オークションで取引された過去3ヶ月分のデータを解析してシャトル中古車の走行距離を追っていったところ、23万~24万キロを超えた辺りからエンジン関係のトラブル(オイル漏れ、異音、異常振動など)が出始めていました。

 

このまま放置すればやがて壊れるでしょうから、特に延命措置を講じなければこの辺りが寿命、つまりシャトルの寿命は23万~24万キロ程度と考えられます。

 

という事は、走行距離を10万キロ少し過ぎたくらいのシャトル中古車を購入しても、普通の走行状態なら13万キロ以上も走れることになり、年に1万キロペースで走れば、13年以上乗れることになります。

 

例)7年落ち フィットシャトル 15X
走行距離11.2万キロ 支払総額 74.7万円
走行距離4.2万キロ 支払総額 110.0万円  差額 35.3万円

 

⇒走行距離10万キロ以上のシャトル中古車はこちら

 

 

シャトルの修復歴あり中古車は安いけど買っても大丈夫?

 

シャトルのフレームにダメージを受けて、修復歴がついてしまうと、その中古車相場は30万~50万円以上も下がってしまいます。

 

売る時はショックですが、中古車を買う立場にすれば、それだけ割安でラッキーとも言えます。

 

しかし修復歴≒事故歴のイメージが強いので、走行中に不具合でも出たら、と思うと心配事は尽きません。

 

だからこそ皆さん敬遠するのですが、実は修復歴の中にも走行にあまり支障のないものもあるので、それこそがシャトルの中古車を割安に購入するための「狙い目」となるのです。

 

まずは不具合リスクの高い、修復歴(ダメージ箇所)が前方&側方の中古車は問答無用で排除して、残った後方に修復歴のある中古車の中から、キズの浅いものを選びます。

 

ただし、販売店も外見からはダメージがわかりにくいようキレイに直しているため、素人判断しないでちゃんとお店の方に詳しく教えてもらい、業者オークションの出品表があれば、それも見せてもらいましょう。

 

そして、実際に自分で試乗してみて、違和感がないかきちんと確認するのが一番です。

 

修復歴

※上記オークションデータは後方のみの修復(XX=交換済み)で収まっています

 

 

リセールバリューの低いグレードほど中古車購入では割安に買える

 

リセールバリューの低いグレードの方が中古車では割安

 

シャトルの中古車を割安に購入するには、グレードによるリセール傾向も重要な「狙い目」となります。

 

リセールバリュー(残価率)が低いと、売却時は損ですが、中古車を購入する時は新車価格よりも値下げ幅が大きいため、割安となります。

 

そこで、シャトルの各グレードをリセールバリューでランキングしました。

 

下位のグレードほど割安に購入できることになるため、ご参考までに。

 

【シャトル】
1位 1.5Gホンダセンシング 4WD
2位 1.5Gホンダセンシング

【シャトルハイブリッド】
1位 ハイブリッドX ホンダセンシング 4WD
2位 ハイブリッドZ ホンダセンシング 4WD
3位 ハイブリッド ホンダセンシング 4WD
4位 ハイブリッド ホンダセンシング
5位 ハイブリッドX ホンダセンシング
6位 ハイブリッドZ ホンダセンシング

 

今回の調査では、ガソリン車・ハイブリッド車ともにFFより4WDの方が高リセールとなっており、ハイブリッドFF車は初期費用の安い廉価グレードほど相対的に高リセール。

 

ハイブリッド4WD車は装備と価格のバランスがとれた中間グレードが突出した以外は上位グレードほど高リセールとなる傾向が見られました。

 

・近所の中古車販売店を検索

 

 

中古車からの値引きを成功させるためにしたい事

 

シャトルの中古車を安く買うために、一番値引きに効くのが下取り車を高く売る事です。

 

ディーラーや中古車販売店へそのまま下取りに出す事は、実は一番損をしている可能性があります。

 

下取り車は決まった買取金額が無いので、複数の買取店に査定してもらい、査定金額を競ってもらわないと高く売れません。

 

複数の買取店と連絡を取って、査定のアポを取るのはかなりの手間ですが、下記の一括査定サービスなら簡単に出来てしまいます。

 

そのまま下取りに出すより、10万~30万円以上高くなることも珍しい事ではありません。いくらで売れるのか、まずは調べてみても良いでしょうね。

 


ネットで愛車の概算価格が分かる「かんたん車査定ガイド」です。複数の買取店へ無料で一括査定が出来るので、査定額を競い合い高査定が期待できます。45秒で簡単入力、その後すぐに買取店の相場が表示されます。

査定

 

 

いくらで買える?シャトルの中古車相場とおすすめのシャトル中古車

 

ここでは、シャトルと前モデルのフィットシャトルについて、それぞれの中古車相場やおすすめグレード、マイナーチェンジでの変更点や長所&短所について紹介していきます。

 

皆さんの好みや予算、各モデルの個性や相性などを見極めて、自分にぴったりな一台とめぐりあうためのご参考にどうぞ。

 

 

フィットシャトルハイブリッドのおすすめ中古車と相場

 

フィットシャトルハイブリッドの中古車相場

 

型式 GP2型
生産 2011年6月~2015年3月
マイナーチェンジ 2013年8月22日
中古車流通台数 584台
中心価格帯 85万~105万円台
最安価格帯 45万~65万円台
最高価格帯 145万~165万円台

 

2代目フィットをベースに誕生したエアウェイブの実質的な後継車であるフィットシャトルのハイブリッド車。

 

発売から少し年数がたち、型落ちを経たことでほどよくこなれた価格帯と、充実した流通台数が魅力です。

 

 

ココが変わった!フィットシャトルハイブリッドのマイナーチェンジ内容

 

2013年8月のマイナーチェンジでここが変わった。

 

フィットシャトルハイブリッドは2013年8月22日にマイナーチェンジが入っていますが、その主要な変更点は以下の通りです。

 

・フロントバンパー、フロントグリルのデザイン更新
・グランスムース&スウェード調ファブリックコンビシートのサイドステッチをダブル化
・本革巻きセレクトレバーを採用
・ヒルスタートアシストとセキュリティアラームを全車に標準装備
・15インチアルミホイールとパドルシフトをグレード別に標準装備
・ディスチャージヘッドライトを全車に標準装備
・フロントシートのシートヒーター、リアセンターアームレストなどを標準装備
・燃費が26.2㎞/ℓ(JC08モード)に向上

 

 

フィットシャトルハイブリッド中古車の長所

 

・エクステリアのシャープで洗練されたデザインが好評
・シックなインテリアが人気
・ベース車のフィットから継承された取り回しのよさ
・収納力が高い、リアシートを倒さなくてもたっぷり荷物が積める
・アフターパーツが充実しているので、いじりたい人におすすめ

 

フィットシャトルハイブリッドについてユーザーの意見をまとめたところ、上記のような長所が多く挙げられていました。

 

シャープで洗練されたエクステリアに一目ぼれして買った、という意見もあったとおり、そのデザインはシックなインテリアともども定評があります。

 

そして、ベースとなったフィットから継承された取り回しのよさは、街乗りにもってこいの長所と言えます。

 

また、リアシートを倒さなくてもたくさん荷物が積める収納力の高さや、アフターパーツが充実しているため、いじりたい人がカスタムを楽しめるといった点もフィットシャトルハイブリッドの魅力と言えるでしょう。

 

 

フィットシャトルハイブリッド中古車の短所

 

・ECON機能が走行性を抑え込み、もどかしい走り
・走行性を解放すると燃費が犠牲に、ガソリン車より悪くなることも
・フロントピラーの位置や、ダッシュボードの映り込みなど、視界が悪い
・インテリアがデザイン重視のため、メーターなど使い勝手が悪い
・インテリアが安っぽい、年寄りっぽいという声も

 

その一方で、フィットシャトルハイブリッドに対する短所を指摘する声も、少なからず上がっています。

 

とかく燃費がウリなハイブリッドなので、走行性を抑え込んででも燃費数値を上げたいのか、ECON機能によって走りがもどかしい、という声が多く見られました。

 

同時にECON機能による走行性の制御を解除すると、力強い走りを見せてはくれるものの、今度は燃費が犠牲になり、制御を解除するタイミングもユーザーのアクセル操作とずれがちなため、ギクシャクした走りにストレスを感じる声も出ています。

 

また、フロントピラーやダッシュボードなど、視界を妨げる要因がストレスとなっている方もいるようです。

 

他にもインテリアについて、デザイン重視で使い勝手が悪く、またシックと言われる反面で年寄りっぽい、安っぽいという不満も聞かれました。

 

こうした問題については実際に試乗することで、自分が乗ってストレスにならないかチェックしておいた方がいいでしょう(一目惚れだけで購入し、後悔するパターンが結構多いです)。

 

 

フィットシャトルハイブリッドのおすすめ中古車

 

・1.3 スマートセレクション

 

フィットシャトルハイブリッドを購入するなら、流通台数が全体の約47.4%をシェアする売れ筋グレード・1.3スマートセレクションがおすすめです。

 

※装備の面でも、下位グレードに比べてスマートキーやパドルシフト、15インチアルミホイールなど充実しており満足感が高いです。

 

最安価格帯の50万円前後だと5~7年落ち/走行距離10万キロ前後/修復歴なしのまだまだ現役な前期型フィットシャトルハイブリッドが手に入ります。

 

より新しく、装備の質・量ともに充実した後期型を狙うなら、最安100万~110万円前後から4~5年落ち/走行距離7万~8万キロ前後/修復歴なしの中古車に手が届きます。

 

また、予算を130万~140万円台まで積めば走行距離は2万~3万キロ前後まで縮みますが、この5万キロ差をガマンすれば20万~40万円を浮かせることができる、とも考えられます。

 

どちらがいいか、好みや価値観によって選択するといいでしょう。

 

⇒フィットシャトルハイブリッドの中古車を検索

 

 

フィットシャトルのおすすめ中古車と相場

 

フィットシャトルの中古車相場

 

型式 GG7、GG8型
生産 2011年6月~2015年5月
マイナーチェンジ 2013年8月22日
中古車流通台数 118台
中心価格帯 60万~80万円台
最安価格帯 55万~75万円台
最高価格帯 120万~140万円台

 

2011年6月にデビューしたフィットシャトルはハイブリッドに比べて流通台数が少ないものの、中心価格帯はハイブリッドより大幅に安くなっているため、お手頃感が強くなっています。

 

それでいて、まだ年式はそこまで経っていないため、安くて長く乗れるコスパのいい1台を探したいところです。

 

 

ココが変わった!フィットシャトルのマイナーチェンジ内容

 

2013年8月のマイナーチェンジでセレクトレバーが本革巻き仕様に。

 

フィットシャトルはハイブリッドと同じ2013年8月22日にマイナーチェンジが入っていますが、その主な変更点は以下の通りです。

 

・フロントグリル&バンパーをよりスタイリッシュに
・グランスムース+スウェード調ファブリックコンビシートのサイドステッチをダブルに
・セレクトレバーを本革巻きに
・ヒルスタートアシストを全グレード標準装備に
・セキュリティアラームを全グレード標準装備に

 

 

フィットシャトル中古車の長所

 

・流線形のスマートなエクステリアが好評
・ハイブリッド車に比べてラゲッジスペースが広く、より荷物が積める
・高回転域での走りは快速
・ベース車のフィットよりマイルドな加速、乗り心地がいい
・フルフラットにできるシートアレンジが車中泊や休憩などに便利

 

フィットシャトルについてユーザーの意見をまとめたところ、上記のような長所が挙げられていました。

 

ベース車両のフィットからより流線形に、スマートになったエクステリアが好評で、ハイブリッド車に比べてバッテリー等を積まない分だけラゲッジスペースが広くとれて、その使い勝手に人気があります。

 

また、高回転域に乗れば快速に走れると共に、フィットよりもマイルドで快適な乗り心地が好評です。

 

他にも、フルフラットにできるシートアレンジが車中泊や休憩などに重宝するという意見も多く上がっていました。

 

 

フィットシャトル中古車の短所

 

・インテリアが地味(落ち着いている、という意見も)
・低回転域での走行性はあまりよくない
・加速時のエンジンノイズがうるさい
・死角が多い(特に左斜め後方)
・時計や外気温計がついていないので不便

 

片や、フィットシャトルに対してはユーザーから上記のような短所も指摘されています。

 

多かったのはエクステリアの洗練さに対してインテリアが地味という意見ですが、一方では落ち着いていていい、という声もあるため、この辺りは好みの問題とも言えそうです。

 

また、高回転域に乗るまではどちらかと言うと「もっさり」した走りで、速度が乗るまではエンジンを回すノイズが耳障りという意見もありました。

 

他にも、デザインの関係でピラーが視界を遮って死角が多いとか、時計などがついておらず不便といった声も出ています。

 

 

フィットシャトルのおすすめ中古車

 

・1.5X

 

フィットシャトルの中古車を選ぶなら、流通台数の半分以上を占める上位グレードの1.5Xがおすすめです。

 

最安価格帯の60万円前後だと6~7年落ち/走行距離6万~8万キロ/修復歴なしの年式相応な前期型フィットシャトルが手に入ります。

 

後期型はほとんど出回っていませんが、90万円前後で4年落ち/走行距離5万キロ前後/修復歴なしの中古車が数台ありました。

 

ただ、この30万円前後の予算プラスで年式2~3年、走行距離1万~3万キロを詰める価値があるかどうかは、マイナーチェンジで充実した装備も含めて個人ごとの判断となりそうです。

 

⇒フィットシャトルの中古車を検索

 

 

【現行型】シャトルハイブリッドのおすすめ中古車と相場

 

シャトルハイブリッドの中古車相場

 

型式 GP7、GP8型
生産 2015年5月~販売中
マイナーチェンジ なし
中古車流通台数 406台
中心価格帯 210万~230万円台
最安価格帯 125万~145万円台
最高価格帯 240万~260万円台

 

2015年5月、実質的なフルモデルチェンジにより、フィット要素からの脱却を志向したシャトルハイブリッド。

 

まだ年式が新しいため中古車としての価格はこなれきっていないものの、新車の購入を視野に入れれば格段に割安で購入できる狙い目となっています。

 

 

ココが変わった!シャトルハイブリッドのマイナーチェンジ内容

 

シャトルハイブリッドにはまだマイナーチェンジが入っていません。

 

入り次第、紹介させていただきます。

 

 

シャトルハイブリッド中古車の長所

 

・シャープでスタイリッシュなデザインが好評
・トルクフルで余裕のあるエンジン
・エンジントルクを殺さない、快い変速フィールにすぐれた7AT
・遮音性が高く、快適な車内空間
・フィットシャトルから継承された広いラゲッジスペース

 

シャトルハイブリッドに対するユーザーの声をまとめてみると、これらの長所がピックアップされていました。

 

シャープでスタイリッシュに研ぎ澄まされたエクステリアのデザインや、トルクフルで余裕のあるエンジンや、そのトルクを殺さず気持ちよく変速できる7速オートマなど、ドライブを楽しめる走行性が高められています。

 

他にも高い遮音性による快適な車内空間や、フィットシャトルから継承された広いラゲッジスペースで荷物が多く積めるなど、その魅力が引き出されています。

 

 

シャトルハイブリッド中古車の短所

 

・シートがすぐにへたり、運転ポジションが定まらず長時間の運転は疲れる
・フロントガラスは大きいが、傾斜があるため実際の視界は天地が狭い
・Aピラーが太く、視界が悪い
・インテリアのプラスチック感がチープと不評
・タッチパネル式のインパネ回りが使いにくい

 

その反面、シャトルハイブリッドには不満の声も少なからず聞かれました。

 

特に多かったのはシートに弾力がなくすぐへたってしまい、運転ポジションが定まらず疲れやすいという意見。

 

また、外観上はカッコよく、実際にフロントガラスは大きいのですが、デザイン重視のツケで傾斜があるため実際の視界は天地が狭く、身長の高いドライバーには圧迫感があるようです。

 

同じく視野ではAピラーが太いために死角が多いことや、インテリアのプラスチック感に対する不評、そしてタッチパネル式のインパネ回りは確かにカッコいいのですが、ダイヤル式の方が実用に向いている、などの意見が出ています。

 

こうした問題点については事前に試乗して、しっかりと確かめておきたいところです。

 

 

シャトルハイブリッドのおすすめ中古車

 

・1.5Z

 

シャトルハイブリッドの中古車を探すなら、流通台数が全体の19.4%と約5台に1台を占めている1.5Zがおすすめです。

 

最安価格帯となる165万円前後では3年落ち/走行距離3万~7万キロ/修復歴なしのおおむね年式相応な中古車が手に入ります。

 

以降、予算を積むと徐々に走行距離は下がっていき、210万円を境として年式&走行距離が大幅によくなるため、この辺り210万円前後の価格帯がコスパにすぐれた狙い目となります。

 

⇒シャトルハイブリッドの中古車を検索

 

 

【現行型】シャトルのおすすめ中古車と相場

 

シャトルの中古車相場

 

型式 GK8、GK9型
生産 2015年5月~販売中
マイナーチェンジ なし
中古車流通台数 76台
中心価格帯 160万~180万円台
最安価格帯 110万~130万円台
最高価格帯 200万~220万円台

 

シャトルはハイブリッド車に比べて大幅に流通台数が少ないため、その選択肢は限られがちです。

 

それでもハイブリッド車よりこなれた価格帯や、ガソリン車ならではの走行性能が魅力なので、どうしてもシャトルが欲しい方は、満足できる一台をじっくり探し出したいところです。

 

 

ココが変わった!シャトルのマイナーチェンジ内容

 

シャトルは発売から年数が浅く、まだマイナーチェンジは入っていません。

 

なので、今後マイナーチェンジが入りしだい紹介させていただきます。

 

 

シャトル中古車の長所

 

・のびやかなルーフラインと流線形のフォルムが好評
・前席の深すぎるドリンクホルダーが改善されて使い勝手がよくなった
・完全フラットで広いラゲッジスペースに定評
・フラットなシートアレンジで車中泊や休憩に快適
・取り回しがよく、運転しやすい

 

シャトルの長所に関する意見をまとめたところ、上記の通りになっていました。

 

フィット⇒フィットシャトルと受け継がれてきたシルエットがより研ぎ澄まされ、のびやかでスタイリッシュなフォルムが人気を呼んでいます。

 

また、多くのユーザーが不満に思っていた深すぎるドリンクホルダーは深さが2段階に調節可能となり、こちらも使い勝手が向上しました。

 

その他、代々継承されてきたラゲッジスペースやフルフラットなシートアレンジ、取り回しのよさなどに定評があります。

 

 

シャトル中古車の短所

 

・CVTのギクシャクした変速感に不評
・タッチパネルが操作しにくい
・ハイブリッドに比べて装備で引け目
・ハイブリッドに比べてトルクに余裕がない
・インテリアがプラスチッキーで安っぽい

 

その一方では、シャトルに対するこんな不評も出ていました。

 

7速ATを採用しているハイブリッドに比べてガソリン車はCVTを採用していますが、この変速感のギクシャクに不満が多く、ハイブリッドに比べてトルクに余裕のない非力さなどと合わせて、輸送性重視でドライビングを楽しむには不向きとなっています。

 

また、フィットシャトルの代から指摘されているタッチパネルの使いづらさやプラスチッキーなインテリアは相変わらずのようです。

 

そしてハイブリッドに比べて装備で引け目をとっている(オプション設定が多い)など、全体的に「ハイブリッド車のおまけ感」が否めない印象が伝わります。

 

 

シャトルのおすすめ中古車

 

・1.5G

 

シャトルのガソリン車はこの1グレードしかありません(※ホンダセンシングを装備した車両や、4WD車や福祉車両の設定はありますが)。

 

ホンダセンシングのついていない1.5Gが最多で全体の約65.7%(およそ5台中3台)を占めていますが、最安価格帯なら110万円前後、ほぼ新車同様の新古車(※後述)なら180万円前後から出ているため、新車のシャトルも視野に入れれば、割安に購入できるチャンスとなります。

 

⇒シャトルの中古車を検索

 

 

シャトルの新古車は新車に比べてお得か?

 

さて、先ほど「新古車(しんこしゃ)」という言葉が登場しましたが、文字通り「新車同様の中古車」を意味しており、ここでは「走行距離1,000キロ未満&状態のよい中古車」と定義します。

 

また、条件がさらに厳しい「未使用車(走行距離100キロ未満&文字通りユーザーが使用していない車)」もありますが、これらの新古車や未使用車は、新車と比べて割安に購入できるのでしょうか?

 

   新車  新古車(未使用車)
グレード名 シャトル1.5G
車両本体価格 1,699,920円 1,648,000円
オプション なし LEDヘッドライト、LEDフォグライト、スマートキー、ETC等
諸費用 161,310円 201,000円
新車値引き ▲130,000円 交渉次第で可
支払総額(乗り出し価格) 1,731,230円 1,849,000円

 

新車と新古車でシャトルの見積もりを比較すると、新車の方が新古車より約11万円以上安くなっています。

ただ、新車の方には13万円分の値引きがされていること、新古車の方にはLEDヘッドライトやスマートキー、ETC等のオプションがついており、これらを差し引きしないとフラットな判断はできません。

新車と新古車をフラットな条件にした上で、安かった方の見積もりを高かった方のお店に持ち込んで、値引き交渉の材料に活用しましょう。

 

 

シャトルの中古車・新古車をお得に買うには?

 

中古車をお得に買う

 

中古車でシャトルを買う最大のメリットは、その購入価格でしょう。

 

中古車市場の中から吟味して探せば、低走行で程度の良いシャトルが新車と比べて数十万円安く買える事も珍しくありません。

 

しかし、そのためには数ある中古車販売店のシャトルの中古車在庫を1台1台比較して、お得感のある価格で買えるのかどうか、品定めをしないといけません。

 

また、価格の割に状態が悪い割高のシャトルが売られていたり、中古車購入では不安な「修復歴あり」の車両も含まれているので、それらの中古車は出来れば避けたいですよね。

 

程度が良くて、なおかつ割安なシャトルを見つけるには時間も掛かりますし、さらにシャトルの中古車相場等をある程度知っていないと、その中古車が本当にお得なのかどうかの判断が出来ません。

 

そこでおススメのサービスが、以下です。

 

ガリバーのクルマコネクトなら、チャットで希望する車種や条件、予算などを伝えれば、 ぴったりの中古車を無料で探してくれます。

電話不要で対応はすべてチャット上で出来るので、スキマ時間に対応、手が空いた時に確認すればOKです。

※チャットのやり取り例
ガリバーのチャット例

なので自分で1台1台中古車を探したり、比較する手間や時間が掛かりません。

また、本当に程度の良いお買い得なシャトルの中古車は、非公開車両として中古車販売店に並ぶ前に売れてしまいます。

そう言った市場に出回る前の非公開車両も優先的に紹介してくれるので、よりお得なシャトルの中古車を提案してくれるでしょう。

もちろんシャトル以外の「安くて似ている車を探して」と言ったリクエストも可能です。中古車探しで気になる事は、チャットで相談してみるといいでしょうね。

>>ガリバーのクルマコネクトで中古車を探してもらう

 

シャトルの新古車・未使用車も探してくれるので、新車よりもお得にシャトルを買いたい!のであれば、利用してみても良いかもしれません。

PR

PAGE TOP

copyright©2011-2018 ホンダ シャトルを買う! All Rights Reserved
Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com